第3回和幸プレ・ピアノコンクール
ファイナルステージ 開催報告
2021年8月22日(日)
会場:さいたま市産業文化センター
チーフ審査員 中田 雄一朗
審査員 菅野 可愛  寺田 ひろみ

平素よりのご愛顧に感謝いたします。今回で第3回目となります、新感覚ピアノステージ「和幸プレ・ピアノコンクール」ファイナルステージが本日、さいたま市産業文化センターで開催されました。すでにプレコンの愛称で親しまれつつある当社主催の新感覚ピアノステージ、それが和幸プレピアノコンクールです。先月3会場で行われた1stステージですでに人前での演奏経験を積まれ、その場で審査員によるアドヴァイスを受けた学習者がいよいよ大きなステージで大きなピアノで演奏される場、それがファイナルステージです。人前での2回目の演奏、しかもコンクールと言う独特の緊張感も味わえる場でもあります。参加された方々は、コロナ禍の中、ピアノにまっすぐに向き合い、ご自身を高める努力を重ねてこのステージに立ちました。さすがにそのどれもが心打つ演奏ばかりで、開催させていただいている私どもも嬉しい限りでした。審査員からのメッセージにもありましたが、この日のステージの出来栄えも重要ですが、それよりも重要な事は、一人で演奏を完結させたこと、つまりこれは一人で責任を見事に果たす事に他なりません。かけがいのない夏休みの想い出を作って頂けたのではないでしょうか?もしかしたら「もっとやれたのに」「何故あんなところで間違えてしまったのか」こんな想いを抱かれた参加者もおられるかも知れませんし、会心の出来に100点満点の自己評価をされたおられる方もいる事でしょう。その全てが今後の皆様の向かう様々な場面で活きてくるはずです。どうぞ参加された皆様、次のステップを目指し、これからもピアノと真摯に向き合ってください。スタッフ一同、全ての演奏に今一度心よりの拍手を贈ります。

<上位入賞者>
カテゴリーA級(未就学児)
最優秀賞 
石山 結月(いしやまゆづき)

優秀賞  
山下 桃加(やましたももか)
川浦 恒太(かわうらこうた)
川俣 侑以(かわまたゆい)

カテゴリーB級(小学1年生)
最優秀賞
市河 光(いちかわひかる)

優秀賞
小松 桃百花(こまつももか)
間中 結万(まなかゆま)
平下 絢萌(ひらしたあやめ)
廣澤 葵(ひろさわあおい)
上田 勇志(うえだゆうじ)

カテゴリーC級(小学2年・3年)
最優秀賞
神谷 かのか(かみやかのか)

優秀賞
古谷 千紘(ふるやちひろ)
佐藤 玲愛(さとうれいあ)
田崎 陽向(たざきひなた)

カテゴリーD級(小学4年・5年)
最優秀賞
下田 愛理(しもだあいり)

優秀賞
松村 優麻莉(まつむらゆまり)
戸田 萌々(とだもも)

カテゴリーE級
最優秀賞
松本 陸玖(まつもとあつき)

優秀賞
西原 知優(にしはらともひろ)

*敬称略。優秀賞記載は演奏番号順です。

審査員講評シーン

C級表彰式より菅野可愛先生による講評シーン

先生方からは、1stステージからこの日までの間の皆様の成長がはっきりと感じられ良かった事、またこの日の評価は大きな差はなく、上位入賞を逃したと言って落ち込む必要などまるでなく、何よりこの大きなステージで演奏を見事にやり切ったことに誇りを持って欲しいというお話、何よりコロナ禍の中、真剣にピアノ学習に取り組んでくれてありがとう!こんなメッセージが述べられました。

最後になりますが、熱心なご指導にあたられた指導者の先生方、温かく見守り、ご参加にご協力頂けた保護者の皆様へ心より感謝いたします。ありがとうございました!

和幸楽器