第7回和幸ウインドコンテスト開催報告
2022年1月8日(土)・9日(日)
さいたま芸術劇場小ホール
審査員長 加古 勉      (Tp.)
審査員  田渕 哲也(Ob.) 横田 揺子(Cl.)

埼玉県は全国でも最も熱心な管楽器学習が集う県です。そんな皆様の個人スキルの向上のための場をご用意したい、そんな想いで始まった当コンテストも今回が7回目となります。昨年はギリギリまで開催に向け準備を続けましたが、コロナウイルス感染問題の深刻化を受け、開催を断念し、年度内の延期開催も叶わず、楽しみにされていた多くの方には改めてお詫びを申し上げます。1年が経過しましたが、コロナ問題はまだ終息とは参りません。それでも、工夫を凝らし日々の練習に取り組んでおられる方々のために出来得る対策を施し開催する事を決めました。
仕切り直しの第7回目となります今回のウイコン(略称)には、中学生部門、高校生部門、大学生・一般部門の3部門に多くの方が参加頂けました。ご参加の皆様、指導者、保護者の方々へ深く感謝申し上げます。本日演奏された皆様は、緊張の中で懸命にご自身の演奏をやり遂げました。満足行く演奏ができた方、思い通りに行かなかった方もそれぞれおられると思いますが、何よりも今日のステージでの演奏経験こそが今後様々な場面で活きるはずです。ご参加くださった皆様のこれからの益々のご活躍に期待をしております。

§審査結果の発表  *敬称略

♪中学生部門 2022年1月8日(土)・9日(日)

◇最優秀賞及び埼玉県教育委員会教育長賞
小島 優奈(Fl.)   川口市立芝中学校  2年
(1/8 中学生部門Ⅰ 2番) 
*副賞:ヤマハ賞
演奏曲 ノブロ/メロディ 
伴奏:石川 佳菜


◇金賞
末吉 麻夏(Ob.)草加市立草加中学校  1年
(1/9 中学生部門Ⅱ 6番)

野村 拓海(A.Sax) 相模原市立由野台中学校  2年
(1/9 中学生部門Ⅱ 10番)

藤田 広美(Tub.) 春日部市立豊春中学校  2年
(1/9 中学生部門Ⅱ 19番)
*副賞:埼玉スバル賞

◇銀賞
伊藤 理緒菜(Tb.) 蓮田市立黒浜中学校  1年
(1/8 中学生部門Ⅰ 10番)
*副賞:和幸楽器社長賞

鈴木 秋  (Euph.) 蓮田市立黒浜西中学校  2年
(1/8 中学生部門Ⅰ 13番)
*副賞:和幸楽器社長賞

藤澤 拓真 (Tub.) 蓮田市立黒浜西中学校  2年
(1/8 中学生部門Ⅰ 15番)

松浦 佳朋 (Cl.)春日部共栄中学校  2年
(1/9 中学生部門Ⅱ 5番)

佐藤 遼奈 (A.Sax) 春日部市立豊春中学校  2年
(1/9 中学生部門Ⅱ 9番)

◇銅賞
佐藤 世菜 (Cl.)伊奈町立小針中学校  2年 
(1/8 中学生部門Ⅰ 5番)
伊藤 一葉 (Cl.)さいたま市立与野西中学校  2年
(1/8 中学生部門Ⅰ 6番)
田崎 優花 (Fl.)春日部市立豊春中学校  1年
(1/9 中学生部門Ⅱ 1番)
南方 沙羅 (A.Sax) 川口市立安行中学校 1年 
(1/9 中学生部門Ⅱ 8番)
池田 優 (Tb.) さいたま市立三室中学校  1年
(1/9 中学生部門Ⅱ 17番)
浦田 倖寧 (Tb.) 春日部市立飯沼中学校  3年
(1/9 中学生部門Ⅱ 18番)

※中学生部門の褒賞基準について
木管楽器、金管楽器でそれぞれ技術点、芸術点を採点し上位入賞者を決定、それぞれの楽器の上位の方へ褒賞。その中で総合第一位の方に「最優秀賞、及び埼玉県教育委員会教育長賞」を授与。上記の金賞・銀賞・銅賞それぞれの掲載順番は演奏順の早い順に掲載(評価順位掲載ではありません)。
副賞は木管・金管総合評価の上位順で「ヤマハ賞」⇒「埼玉スバル賞」⇒「和幸楽器社長賞」の順で授与。

♪高校生部門 2022年1月8日(土)

◇最優秀賞及び埼玉県教育委員会教育長賞
吉川 隼介(Ob.)  東京音楽大学附属高等学校  2年
(木管楽器 7番)
*副賞:ヤマハ賞
演奏曲 シルヴェストリーニ/6つのエチュードより Ⅵ スペインの踊り 

◇金賞
長尾 有紗(Cl.)県立伊奈学園総合高等学校  1年
(木管楽器  5番)
*副賞:和幸楽器社長賞
寺田 健太郎(Euph.)  東邦音楽大学附属東邦第二高等学校  1年
(金管楽器 10番)
*副賞:埼玉スバル賞

◇銀賞
笠原 円伽(Fl.)  宇都宮短期大学附属高等学校  1年
(木管楽器  3番)

田中 陽菜(Ob.)   宇都宮短期大学附属高等学校  1年
(木管楽器  8番)

佐々木 花菜(Tb.) 県立不動岡高等学校 2年
(金管楽器  8番)

内田 希美(Tub.)県立大宮武蔵野高等学校  1年
(金管楽器  11番)

◇銅賞
山田 桃樺(Fl.) 県立芸術総合高等学校  3年 (木管楽器 2番)
窪田 なつみ(Hr.)私立豊島学院高等学校  2年 (金管楽器 7番)

※高校生部門の褒賞基準について
木管楽器、金管楽器でそれぞれ技術点、芸術点を採点し上位入賞者を決定、それぞれの楽器の上位の方へ褒賞。その中で総合第一位の方に「最優秀賞、及び埼玉県教育委員会教育長賞」を授与。上記の金賞・銀賞・銅賞それぞれの掲載順番は演奏順の早い順に掲載(評価順位掲載ではありません)。
副賞は木管・金管総合評価の上位順で「ヤマハ賞」⇒「埼玉スバル賞」⇒「和幸楽器社長賞」の順で授与。

♪大学生・一般部門  2022年1月8日(土)

◇金賞(第一位)
小松 美羽(Tp.) 洗足学園音楽大学  1年 
(演奏番号  5番) 
*副賞:ヤマハ賞
演奏曲 ゲディケ/コンサート・エチュード Op.49  
伴奏 西川 幾子

◇銀賞(第二位)
伊藤 双葉(Cl.) 東京学芸大学  4年 
(演奏番号  3番) 
*副賞:埼玉スバル賞

◇銅賞(第三位)

木村 信夫(Fl.) 一般 
(演奏番号  1番) 
*副賞:和幸楽器社長賞

上位入賞を果たされた皆様、おめでとうございます。
次回は会場のさいたま芸術劇場が大規模改修工事のため使用できませんが、別の会場で実施する方向で調整しておりますので、来年のこの大会でまたお目にかかりましょう!

◇審査員総評(加古勉先生よりのメッセージ)を見る
クリックしてください
https://youtu.be/grN2_f9FLd8