第4回和幸プレ・ピアノコンクール

先日本選が終了した当社主催、和幸ピアノコンクールは22回と言う歴史は元より、それ以前には埼玉ピアノコンクールの前身コンクールとしても開催がされておりました。今回も前回を大幅に上回る参加者が集結、多くのピアノ学習者、愛好家の皆様には感謝申し上げます。一方で、当初この「和幸ピアノコンクール」には一つのサブタイトルが掲げられていました。それが「初めてのピアノコンクール挑戦」まずはここで腕試し、経験を積み、そして大きなコンクールへの挑戦をして頂く、そんなコンクールでありたいと考えておりましたが、そこはコンクールの一つの宿命とでも申しましょうか、年々レベルの向上が顕著で、いつしか「初めてのコンクール挑戦」にはちょっとレベルが・・・ こんなご指摘も多くなって参りました。
そこで登場したのがこの「和幸プレ・ピアノコンクール」です。正に来年以降、コンクールに本格的に取り組まれたい方、コンクールには出ないけど、少し緊張感あるステージで審査員に評価を求める方に最適です。参加者の裾野を拡げたい思いから、今回よりさらに募集年齢層を広くするためのカテゴリー分けがされました。参加要項は和幸楽器各店にて配布が開始されています。

♪和幸プレ・ピアノコンクールの特徴
1stステージとファイナルステージの2回の本番
1stステージは予選と言う意味とは少し異なります。大きなステージ、大きなピアノを多くの人前で演奏するファイナルステージを前に、一度小さめの会場で演奏体験ができ、専門アドヴァイザー(審査員)によるとても温かいアドヴァイスコメントがもらえ、さらには当日アドヴァイザーによる実演指導も行われます。ただし、一応の審査基準は設けてあり、途中で投げ出してしまったり、音楽として成立していないと判断した際は「不合格」判定もあります。毎回大多数の方が「合格証」を受け取り、ファイナルステージへと進みます。ファイナルステージでは演奏体験して頂く事そのものが貴重な宝物になりますが、コンクールの要素がしかと詰め込まれており、上位入賞者に褒賞が授与されます。やはり最優秀賞を受賞すれば、気持ちは高揚し、もっと頑張ろう!となるものです。
短い期間で多くの方が2回の人前での演奏経験ができ、しかも本番で力を発揮しきった方は栄誉も獲得でsきる。
それが和幸プレ・ピアノコンクールです。愛称はプレコンでお願い致します!

♪4月1日より申込受付開始!
1stステージは7月の第1週~第3週に開催されます。申込開始は4月1日となっておりますが、締切は各会場で異なります。詳細は当HPから要項もDLできますので、こちらをご参照ください。

♪今年から追加されたカテゴリーFとシニアチャレンジ
今回で4回目となりますが、今回開催より参加募集対象年齢を大幅に広げる事に致しました。もちろんこれから大きな夢に向かって走り出す年少の学習者にはこぞってご参加頂きたいですが、一方で大人の方で趣味としてピアノと一生向き合って行きたい、という層にも、このステージはうってつけなのではないかと考えました。
<新設カテゴリー> 
①カテゴリーF級(中学2年~3年生)
前回までは中学1年生までと制限したカテゴリーE級の次にカテゴリーFが誕生、中学2年~3年は受験で忙しいからピアノどころではない・・・ とんでもございません!逆にピアノ演奏は集中力を極限まで高める効果があり、少ない時間で効率よく学ぶ力が身に着く事から、受験勉強中でも止める必要などまるでなしです。どうぞ、中学2年生、3年生の方もチャレンジしてみてください。
②シニアチャレンジ(高校生~一般)
年齢的には高校生以上の方が対象となります。主に、大人のピアノ愛好家の方で、日頃のレッスンの目標にしてみたい、あるいは大きな会場での演奏を専門家に聴いてもらい、真剣なアドヴァイスが欲しい等々、コロナ禍の昨今では家で過ごす時間も以前に比べ多くなり、ただの趣味で弾いていたはずのピアノの魅力を再発見、多くの方に自分の演奏を聴いて欲しいという方も多いはずです。幅広いピアノ愛好家の皆様のためのそれぞれの目的を達成するステージとなりますので、奮ってご参加ください。
なお、趣味層の愛好家のためのステージ、これがこのカテゴリーのコンセプトです。そのため、現在音高、音大、音楽専門学校等に通われている方、通われていた方のご参加はご遠慮下さい。
また、最近ではアニメ曲、ゲームミュージック、JPOPなどを弾きたいというご要望も多いですが、プレコンのシニアチャレンジでは、クラシック形式の楽曲(近現代も含む)で、楽譜が市販されている楽曲を演奏して欲しいと願っております。演奏時間は5分と設定致しました。

毎回ご参加頂いた方々から「出て良かった!」という喜びの声が届きます。まだまだ歴史の浅いコンクールではございますが、皆様のご意見を取り入れ、柔軟に対応し、より良いものを目指し成長中であります。どうぞ多くのピアノ学習者、愛好家、指導者の皆様のプレコンへのご参加をお待ちしております。

♪ダウンロードは↓こちらから

参加要項(コンテンツ面).pdf

参加申込書.pdf


和幸プレ・ピアノコンクール開催事務局
(和幸楽器本社内)